心笑み猫心地ブログへようこそ!
皆友へのレシピは 結婚してご飯づくりをするようになった友達が、きょう何しようかなあ、、とおもったとき、ヒントになりそうだから食べたものをのせてや、、と言ったのでときどき食べたごはんをさくっとアップしたいとおもいます★あくまで私が家で食べたレシピだから上手じゃないよ〜あしからず、、よろしくおねがいします。

kokoemiは無表情でいながらもときに悲しんでいながらも起こる魂の笑い。猫心地って well、 being
我が家の猫のルナちゃんは2014年5月に昇天しました。
マルヒアくんは 今朝もWELLです^^
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ゴーヤと柿の和え物@皆友へのレシピ
買っておいた柿、気がつくと、、熟れてふにゃとなってしまっている、、ああ、これはなにかシャキシャキッしたものとあわせてオカズにならないかな、、と思いました。
ゴーヤがあったから、沸騰した湯に30秒くらいいれて、ザルにあげ、細切りに、、歯ごたえが感じられるくらいの好みの厚さで(*^_^*)
切ったゴーヤをぎゅっとてのひらで握り、塩とコマ油で和えそこにサイコロくらいに切った柿をまぜたら出来上がり!おいしい!わたしは好きです。
ゴーヤも今年は食べおさめかなあ
白味噌汁ごはん@皆友へのレシピ

これはおいしい!
先日、買い物をしていたら、ふと、おいしそうな白味噌が目にはいる。そうだ!あれをしよう、、と前に食べさせてもらったことのある、、白ごはんに白いお豆腐をのせ、そこに、白味噌のお汁をかけていただく一品をおもいだしました。
からしをのせておいしかったはずだから、チューブのからしも買いました。


お湯をわかし、だしをいれ、豆腐を大きめのままいれて、白味噌をといて、、ようは白味噌汁をつくる。器に白ごはんをいれ、とうふをのせたら熱いお汁をうえからかけて、からしとのりをかけていただきます。

ナスのグラタン@皆友へのレシピ

前回のミートソースがあれば、簡単!
ナスを細めに切って、フライパンに、すこし多めに上質なオリーブオイルを入れて熱し、そこにナスをいれ、両面をこんがり焼く(揚げる)
ナスが揚がりしんなりしたら、しっかりペーパータオルでナスの油を切る。
グラタン皿にナスを敷き、そのうえにミートソース、そしてとけるチーズをのせて、トースターで焼くだけ。
簡単でおいしい。


ミートソース@皆友へのレシピ
ミートソースがとつぜんたべたくなった!玉ねぎを刻み、ミンチ(牛でも豚でも合挽きでもなんでも、わたしは今日は鳥ミンチ)を入れ炒めたら、塩、コショウ(あればナツメグほんのちょっと)して缶のホールトマトやパックのカットトマト、生のトマトがあればカットして入れ、ブイヨンスープ(水に固形コンソメか顆粒ブイヨンなどをといたもの)を少し加え、
月桂樹の葉を入れコトコト火にかけアクがでたらとる
つやっとしっとりしてきたら、味を見て、必要なら、ケチャップやおしょうゆやお砂糖などで味をととのえる。
玉ねぎのほか、セロリや人参などあればわたしはいれます。


大海老のフライ@皆友へのレシピ
大海老のフライ

阪急地下の魚屋さんに閉店まぎわに行ったら、なんと有頭エビが半額!ほかの魚も、、そうだったのね、、おじさんたちもおさしみあたり、じーっとねらっていた。
屋久島で食べた有頭海老フライが忘れられない!でも今回、頭の殻をとってフライにしてしまった!今度からは頭の殻は残したままでフライにしようと決心!

さて、海老は手と頭より下の体の部分の殻をむき、背中に切り身をいれ、背ワタをとりましょう。さっとえびを洗いペーパーでふきます。塩、コショウをして、小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせてから、パン粉をつけます。わたしはパン粉は細目をつかってます。そしてフライパンにオリーブオイルをすこし多めにいれて揚げるだけ。レモンしぼっていただきます。(トポトポにいれなくても充分上がるよ、そしてあとはキッチンペーパーで吸い取ればオッケー)

写真は実は頭の中身はフライにしました。衣をつけるときも揚げるときも、ミソがでてきてしまうから、頭の殻はそのままで。おいしかった。立派な身で、きれいな海を泳いでいたんだろうなあと想像してしまった。おいしく頂きありがとう。
あんかけチャーハン@皆友へのレシピ
前回の冬瓜のスープに、火を止める直前に水で溶いた片栗粉を加えて、トロっとさせて、そのあつあつを
つけものチャーハン(前回の)のうえかけたらめちゃおいしかった!

シソとプチトマトのチーズトースト@皆友へのレシピ

シソとプチトマトのチーズトースト

パンを8分目くらいまで焼いてバターをぬる。
好みでそこにうすくケチャップをぬり、
刻んだシソ、プチトマト、そのうえからとけるチーズをのせ、ホイルで四方のヘタを包み、トースターでチーズがこんがりするまで焼く。

冬瓜のスープ@皆友へのレシピ
前回書いたウェイパーはこちら。中華スープの素


ぱっとスープをするとき便利。きょうは
擦った生姜をいっぱいいれて、冬瓜のスープ

空の鍋にゴマ油をすこしいれ熱し、たっぷりの刻んだネギを炒めしんなりしたらそこにひたひたとスープにする分のお水をいれ沸騰させる。(干しエビとかがあればネギと一緒に炒めるとおいしい)
そこに
ワタをとって適当に切った冬瓜をいれ(今日の冬瓜は、アクが強そうだったから、わたしは、一度ちがう鍋でお湯を沸騰させ そのなかですこし冬瓜に火を通してから、湯を捨てザルにあげた冬瓜をいれました。)ウェイパーをちょっといれて冬瓜がやわらかくなるまで煮る。擦った生姜をいれて、味を見て、お酒やおしょうゆやみりんが必要ならいれて味をととのえ、出来上がり。すぐできる(*^_^*)


大根のつけものチャーハン@皆友へのレシピ
浄瑠璃寺の吉祥天女が今月末まで開扉されています。
いつも浄瑠璃寺に行くと楽しみにしているこれ!参道に無人つけもの店が出ていて、今回も買うことができました!大根のおつけもの、柚子と唐辛子がきいていておいしい。
これが手にはいったら、焼き飯と決めています!

ごはん一合くらいの焼き飯

たっぷりめの刻んだネギを油で熱ししんなりしたら、火を止める。そこに中華スープのもとをすこし(わたしはウェイパー使用、赤い缶でおじさんが挨拶してるイラストの練り状のもの)と薄口醤油をすこしいれてまんべんなくまぜる。そこに梅干し一個分をほぐしていれ、ごはん一合をいれ再び火をつけて、木べらで切るように炒める。ごはんがおいしそうになってきたら、フライパンの端にごはんを寄せ、空いたところに、ふたつ分の溶き卵を流し入れ、(←単に横着)焼きながらうまくごはんと混ぜ合わせながら炒める。最後に、刻んだ大根のおつけものを混ぜ合わせたら出来上がり。もちろんちくわとかほかのなんでもあるものをいれるとおいしい。


浄瑠璃寺は静かで、虫と鳥の鳴き声しかしないなか、吉祥天女さまと対話することができました。撮影はできないので、写真はハガキです。

簡単ドレッシング@皆友へのレシピ
サラダのドレッシングは、
柑橘があれば(今日はカボス)それを小さい器に絞り、そこにオイル(私は今、アマニオイル使用、良いピュアなオイルならなんでもよいとおもうよ)とだし醤油とコショウでもさっぱりいい感じ。

冷蔵庫にあったベビーリーフとレタスとトマトと林檎でシンプルに。
スイスチャードをお湯の中にさっと通したものと、湯がいたさつまいもをマヨネーズで和えたものを添えたらおいしかった。
数年前Amazonで買った小さめの野菜水切り器は活躍してます。